ウーマン

ハチの巣を駆除する時はネットで情報集め|お得に行なってもらう方法

自分で駆除は危険です

はち

専門業者に蜂の退治を依頼する場合、豊富な知識と経験、高い実績を持つ顧客満足度の高い業者を選ぶことをお勧めします。費用はかかりますが、自身で退治する場合アナフィラキシーショックなど命に関わる症状を引き起こす可能性がありますので、専門業者へ依頼しましょう。

Read More

侵入を防ぐため

木材

シロアリは主に床下で活動するので、被害が発生しても確認することは困難です。しかし住宅の周辺に、定期的にシロアリ対策用の薬剤を使用しておけば、侵入自体を防止できます。薬剤の効果は1〜2年持続しますが、床板のきしみや外構のコンクリートのヒビなどを発見した場合は、その都度対策することが大事です。

Read More

習性を知ることから

鳩

鳩の駆除を行うためには、その習性をしっかり理解することから始まります。駆除業者に依頼する場合には、鳩の習性に関する知識が豊富なところを選択することで、しっかりした対策とアフターサービスを期待することができます。また、個人で駆除する場合にも、習性を調べ、鳩が嫌がる方法を複数準備しておきましょう。

Read More

蜂の種類を見極めること

蜂の巣

行政のサービスを確認

自分の生活圏内に蜂の巣を見つけると、あまり気持ちの良いものではありません。もちろん、手の届く位置などにある場合には恐怖を感じることもあります。自分自身でハチの巣を駆除することができればよいのですが、やはりなかなか簡単なものではありません。そんなときにはまず、市や区の行政サービスがないかを確認してみてください。もちろん、業者に依頼することも出来ますが、こちらは料金が発生しますので事前に見積もりをとることをお勧めします。インターネットなどでは、蜂の種類ごとにハチの巣の駆除方法が載っていますが、自分で駆除する際にはくれぐれも注意が必要です。自信のないときには、行政や業者に依頼することが最も安全な方法です。

種類ごとに異なる性質

発生頻度の多い種類としては、アシナガバチ、スズメバチ、ミツバチが挙げられますが、これらは種類によって生態が異なります。アシナガバチやスズメバチは寒さに弱く冬を越すことができないため、冬まで危険な場所でない限りは冬まで放置しておくことも可能です。ミツバチは攻撃性は強くないのですが、集団行動をとるため、多い時には5万匹を超えることもあります。攻撃性の低いミツバチのハチの巣であっても、蜂の数が多い場合には、無理に自分で駆除するのではなく、蜂の駆除を取り扱う業者に依頼しましょう。どの種類のハチの巣でも、むやみに近づいたりこちらから攻撃を仕掛けない限りは、ハチの方から攻撃してくることはあまりありませんので、まずは様子を伺いハチの種類を見極めることから始めましょう。