侵入を防ぐため|ハチの巣を駆除する時はネットで情報集め|お得に行なってもらう方法
紳士

ハチの巣を駆除する時はネットで情報集め|お得に行なってもらう方法

侵入を防ぐため

木材

住宅の周辺に

シロアリは主に住宅の床下に巣を作って活動するのですが、床下は床板を剥がさない限りは、見ることができません。そのためシロアリ被害が発生していたとしても、そのことに気付かず放置している人がほとんどです。地震などの際に、床板が割れたり柱が折れたりすることで、初めてシロアリ被害に気付くというケースが多いのです。したがって、住宅を守るためには、被害が発生する前に対策しておくことが肝心と言えます。具体的には、住宅の周辺の土壌に、シロアリ対策用の薬剤を定期的に散布または設置するのです。薬剤に気付いたシロアリは、そこに踏み込んでこなくなりますし、これによって床下に巣が作られることはなくなります。たとえ周辺の住宅でシロアリ被害が発生していたとしても、被害の飛び火を防止できるのです。

必要となるタイミング

シロアリ対策用の薬剤は、ホームセンターなどで購入できます。薬剤の種類にもよるのですが、効果の持続期間は1〜2年ということが多いので、効果がなくなる前に次のものを散布したり設置したりする必要があります。ただし、風雨などの影響で短期間で効果がなくなることもあるので、状況を見て、必要があればその都度対策することも大事です。具体的には、住宅の内外でシロアリを見かけた場合にはもちろん、床板のきしみやカビを発見した場合にも、対策が必要となります。また、外構のコンクリートやタイル、外壁などにヒビが入っている場合も、そこからシロアリが侵入してくる可能性があります。この場合も、薬剤をしっかりと使用しておくことが肝心です。